実家の建て替えは従来通りの木造建築を生かす設計です

わたしに実家は築40年になる木造建築です。もちろんのこと、瓦葺きで木造建築になります。柱がしっかりしていることもあって全く今でも動じない状態。特に阪神淡路大震災を経ても全く影響がなかったのは素晴らしいと思います。そんな中ですが。農家も両親が年齢と共に引き際を感じ、農機具などを納めていた納屋を現築してはなれを木造で作ることになりました。40年前にお世話になった方が既にわからないので新たに設計事務所に希望を伝えてすすめることに。窓口はいつもお世話になっている工務店です。実際に木造で離れをつくるにあたっても、窓や雨戸、サッシは木造ではありません。とはいえ、構造としてはちょっと小さな木造建築の方が高くつくそうで、見積もり金額にはかなり驚きました。とはいえ、比較対象もなかなかないのですこし頑張ってもらって今の姿があります。畳の部屋が2間あり、冬場でも快適に過ごせる空間になっています。やはり温かみがあります。