収納場所をたくさん確保できた

注文住宅にしてよかったと一番感じたことは、収納をたくさんの場所につくることができたということです。建売に住んでいる友人が、建売は収納が少なすぎて収納家具を置かなければいけなくなり、部屋がどんどん狭くなってしまうと愚痴っていました。ですので、私は家を建てる際は注文住宅にして収納をたくさん作ろうと決めていました。
実際に家の設計を設計士さんと考えていると、色々な場所に工夫次第で収納箇所を作ることが出来るということが分かりました。玄関を始め、リビングや寝室、廊下に至るまで本当にたくさんの収納場所を確保しました。引っ越してから、これが本当に役に立ちました。もともと持っていた収納家具は全く必要なくなり、家具を置かなくて済んだことで部屋を最大限に広々と使うことが出来ています。建売でも収納を重視している家もあるかもしれませんので、建売の購入を考えている方はぜひ収納場所の確認をしっかりとして購入を検討してみて下さい。